生成AI時代における製品・サービス企画のDX〜「顧客中心」を実現するための"組織変革"と"データ活用"

製品企画DX

▽目次・内容 全46ページ

巻頭.監修者Interview| 宮田善孝 氏
1. DXの定義と日本における現状
2. 製品・サービス企画を取り巻く環境と求められる変化
3. 2つの壁を解消し、顧客中心を実現するには?
 - 3-1.「①組織の壁」の解消
 - 3-2.「②データ活用の壁」の解消
4.FlyleのAI機能でできること


製品企画DX_プレスリリース用 (1520 x 1080 px)


▽資料の概要

現在、大企業を中心としたあらゆる業界・職種にて、DX(デジタルトランスフォーメーション)の名のもと、デジタルを活用した業務・組織の変革が進められています。また、2023年にトレンドとなった生成AIのブレイクスルーは、DXの取り組みをより一層加速しています。

他方、製品・サービスの企画プロセスでは、あらゆる業界でライフサイクル短縮化やコモディティ化が進み、そのプロセスも変化が必要になりつつあります。日々変わり続ける顧客ニーズにリアルタイムでキャッチアップし、製品・事業に反映し続けること、つまり「顧客中心」への変化が求められているのです。

そこでカギとなるのが、データ・デジタル技術を活用したプロセスの変革、つまり「製品・サービス企画のDX」です。生成AI技術や各種ツールなど、様々なテクノロジー・データ環境の進展・浸透が進む現代では、それらを有効活用して「顧客中心」の組織・プロセスを築けるかどうかに、事業の継続成長の成否がかかっていると言えます。

今回は、そんな製品・サービス企画のDXを推進するための方向性について、「組織の壁」と「データの壁」の2つの視点で整理しました。今後の業務のヒントになれば幸いです。